重ね煮コラム

子どもを守る熱中症対策・スポーツドリンクは毎日飲むもの?

スポーツドリンク

毎日暑い日が続いています。
大人以上にたくさんの汗をかく子供たち。

水分補給が大事!

ですが、皆さんはどんな飲み物をお子さんに飲ませていますか?
お水?お茶?それとも、スポーツドリンクでしょうか?

 

子どもの熱中症対策で気をつけたい飲み物のポイントをお伝えしますね。

 

夏になると店頭にたくさん登場する、スポーツドリンク。

摂ったほうがいいのかな、というイメージが強いですが、
実は、毎日の飲み過ぎは熱中症対策にはならず、かえって不調を招く要因になり心配です。

 

スポーツドリンクは甘い!からです。
500mlのペットボトルには
角砂糖5~8個分相当の糖分が溶けています。
炭酸ジュースで
500mlで角砂糖10~16個分相当に。
果汁100%ジュースでは
500mlで角砂糖12~15個分
砂糖
ビックリですね。
 
糖分の過剰摂取血糖値の急激な上昇
引き起こすことにつながります。

急上昇した血糖値を下げようとしてインスリンが大量に分泌され
今度は血糖値が急下降して低血糖状態に。

 

この状態は、集中力がない、
イライラする気持ちの変化だけでなく

 

また糖分が欲しくなり
血糖値の急上昇と急下降を繰り返す、砂糖依存症につながります。

 

もちろん
肥満、糖尿、虫歯のリスクも高まります。

 

そもそもの目的は短時間で体力を消耗して発汗量がものすごい
プロのスポーツ選手のための飲み物
「日常的な飲み物ではない」ということです。
水分補給は、ふつうの水でOK。
水分=スポーツドリンク

 

の取り方はかえって
糖分、ナトリウムの摂りすぎの害の方が大きいことを知ってくださいね。

小さなお子さんには特に気を付けてあげましょう。

お出かけには、水筒に水や麦茶を忘れずに(^^♪
重ね煮のレシピと家族の健康を食生活で守る知っておきたい
知恵を定期的にメール配信しています。

無料メール講座はこちらから

子どもが野菜を食べてくれない
野菜嫌いに困っていませんか?

小さくしたり、混ぜ込んだり、ジュースにして
がんばっているママへ。

野菜がおいしく食べられる知恵と食の軸を知ると
毎日のごはんが楽しくなる!
レシピつき小冊子プレゼント中!

野菜が嫌いの子が完食する3つの鍵
小冊子

 

-重ね煮コラム
-, ,

© 2021 おひさま Powered by AFFINGER5