重ね煮コラム

子どもとできる!喉のイガイガは塩番茶うがい

空気が乾燥しはじめてから
のどがイガイガするようになりました。

皆さんは大丈夫ですか?

 

寒くて乾燥する時期は
のどや鼻の粘膜のバリや機能が弱くなります。

 

ウィルスを体内に入れない
ためにも普段からしているうがいを紹介します。

 

市販のうがい薬でなくても
殺菌作用のある梅酢や番茶が使えます。

 

いい所は、まだうがいのできない
お子さんが飲んでしまっても大丈夫なところ。

 

副作用の心配がないのでいいですよ。

 

★梅酢うがい★

コップ1杯のぬるま湯に
梅酢を大さじ1くらい混ぜてうがいします。

(入れ過ぎるとしょっぱいです)

20-05-14-09-02-39-678_photo.jpg

※梅酢は梅干しを作るときに
出る液体です。

 

きゅうりや大根を梅酢で
もんだり、さつまいもごはんを
炊くときにも少し加えて使います。

 

★塩番茶うがい★

番茶には抗菌作用のカテキンや
ビタミンCも豊富です。

 

少し濃い目に煮だした番茶に
1%の程度の塩を加えると殺菌作用が上がります。

 

sannenbanchacontents_5.jpg

 

以前、娘の目にものもらいができて
(関西ではめばちこ)
温かい塩番茶を布で濡らして当てておきました。

 

はぁ~気持ちいい♡
なんか治ったみたい♡

 

とても喜んでくれました。

 

お母さんが自分のことを
思って手をかけてくれた
ことが子どもには特別なんですね。

ぜひ、取り入れてみて下さい。

 

野菜嫌いの困った!を解決できる重ね煮をもっと知りたい!」
重ね煮メールレッスン(無料メルマガ)では野菜嫌いの困ったを解決する
重ね煮の知恵・レシピをお届けしています。ぜひこちらからご登録ください^^

無料メールレッスンの登録で野菜嫌いの悩みを手放すヒントがつかめます

☑️野菜嫌いに困っている
☑️栄養バランスいい食事か不安
☑️便秘なのは野菜不足のせい?
☑️そもそも料理が苦手
今は悩んでいるママもまずは野菜がおいしく食べられる重ね煮の知恵・レシピを知ってください。
★野菜がもっと好きになるメールレッスン★登録でプレゼント
「野菜嫌いのためのレシピつき小冊子」

 

 

 

 

 

 

-重ね煮コラム
-

© 2021 おひさま Powered by AFFINGER5