重ね煮コラム

毎日の献立をラクにする決め方があります

1217816.png

毎日の献立の悩みはつきないですよね。

おそらく多くのママが
献立を決める時に
昨日は魚だったから
今日はお肉かな?
と順番に決めているかな?と思います。

 

献立を決める時は
主菜から、ではなく

 

からだに必要なもの
ごはんと汁ものから
決めてみてください。

 

分づきごはんか
混ぜご飯か
炊き込みご飯かを決める

 

そこから
味噌汁、
スープかポタージュ
の汁物を決める。

 

そこに足したいものを
主菜、副菜で食卓に出していきます。

 

汁物がシチューなど
ボリュームのある時は
主菜は自然に野菜中心になりますね。

 

反対に
シンプルなすまし汁のときは
主菜に焼き魚や煮魚
肉じゃがなどボリュームのあるもの
を出したいですね。

 

子どもは野菜を出しても食べないし
小さくして混ぜるメニューはマンネリ化。

冷蔵庫の中身で何ができるか
レシピ検索とにらめっこして

 

材料が足りないから
慌てて買いに行ったり、
他に作れるものがないか探したり

 

こんな調子で献立にはいつも悩んできました。

 

献立は
身体を整えてくれる土台になる
ごはんと味噌汁から
決めていくこと。

 

ごはんと重ね煮みそ汁と
簡単な和え物にして

 

そこに納豆や漬物
常備菜があれば安心。

品数を多くしなくてもいい

 

食卓がシンプルになり
献立にずっと悩むことも少なくなりました。

重ね煮の知恵と調理法で
野菜嫌いのお子さんを持つママの悩みを
解決する体験クラスを行っています。

7月の体験クラスの募集は終了しました。

8月の体験クラス予定はメールマガジンでお届けしています。

 

無料メール講座はこちらから

子どもが野菜を食べてくれない
野菜嫌いに困っていませんか?

重ね煮にすると食べられるようになる
お子さんが多いんです。

 

小さくしたり、混ぜ込んだり、ジュースにしてがんばっているママへ。

簡単に野菜がおいしく食べられる知恵と
重ね煮の調理法を活用してください。

野菜が嫌いの子が完食する3つの鍵

 

 

 

 

 

-重ね煮コラム
-

© 2021 おひさま Powered by AFFINGER5