苦手な小松菜をおいしく食べてくれました!

野菜を重ねることでおいしくできることがわかりました!

小中学生お子さんのママ(愛知県)

 

悩んでいたことは何ですか?

自分の高血圧、アレルギー、娘の便秘、甘いものへの依存、主人のコレステロール値など家族の健康を食事でつくれるようになりたいと思っていた。

ご自身やご家族の変化を教えてください

お味噌汁は以前から作っていましたが、出汁をとってから作るという手間があったので、出汁を取らなくても野菜を重ねることで美味しくできることが分かって、お味噌汁作りのハードルが下がりました。小松菜は苦みが出ることがあって、嫌がられましたが、重ね煮で食べてみると苦みなく美味しく食べられるようになってます。野菜の消費量が増えた。お浸しや、温野菜、煮物も短時間で味が染みて美味しいので副菜作りの時短になっています。

 

基礎科ではどんな学びが役にたちましたか?

食べたものだけでは栄養価が足りていないという漠然とした不安や、自分の身体の不調から摂らなくてはと思っていた健康食品を手放すことができました。調和の食べ方を学び、ご飯とお味噌汁があれば、まず足りていると思えるようになりました。

古川香織の印象はどうでしたか?

丁寧に重ね煮の良さを教えてくれました。レシピで作ってみることがなかなか出来なかった私ですが、あきらめずに何度も薦めてくれたことで、材料があった時に作る事ができました。とても誠実で熱心という印象です。

どんな方におススメしたいですか?

健康になることにはお金がかかると思っている人。今、身近にある食材で調味料を原材料や作り方にこだわって選べば、
重ね煮で調和した食べ方が出来るようになるので。

野菜はお味噌汁や、ポタージュでたっぷり摂れるようになります。味付けはシンプルで十分に美味しくなるので、味付けが苦手な人でも簡単に美味しくできます

 

ご自由にご感想をお聞かせください。

重ね煮を学ぶ時間は、毎日自分の仕事をしながらの中で食と向き合う時間になりました。美味しいもので身体にいいもの、喜んで食べてもらえるものが手に入った気持ちです。美味しいものは油っぽいものとか、味のしっかりしたものという思い込みがのある主人の今の状況を少しづつでも重ね煮を食べ続けることで改善できたらいいなと思います。
子どもたちの舌は変化しているので続けていくことで体調を整えてきます。

感想ありがとうございました!

 

ありがとうございました。

関連記事

PAGE TOP