重ね煮コラム

梅雨の時期に牛乳や小麦を控えたい訳とは

 

 

195295572_394206101884848_1742951404237906559_n.jpg

 

 

じめじめした梅雨。

 

家にいることが多くなり
心もカラダも憂うつに
なりがち。

 

そんなときのカラダの中は
水分と老廃物の排泄が
うまくいかない状態。

 

カラダがだるい、
食欲がない、下痢やむくみ
喘息、アトピーの悪化などが
起きやすくなります。

 

食べ方を知っていると
家族で囲む食卓も楽しく
みんなで元気に過ごせます。

 

梅雨の時期も元気に
過すことができる食べ方は、

 

色々な食材をプラスする
よりも、
マイナスすること!

 

梅雨の時期に
食べるのを控えたいのが
牛乳と小麦(小麦粉製品)
です。

 

乳製品や小麦を食生活
の中心にしている国は
モンゴルなどの

乾燥地帯に住む人たちです。

 

2721561_s.jpg

 

乳製品や小麦は
乾燥地帯に暮らす人々の
カラダと喉を潤すもの。

 

湿潤地帯の日本に暮らす
私たちが、
じめじめした梅雨の時期に
とることはカラダの中に
湿が滞りやすくなります。

 

アレルギーや持病がある方は
この2つを減らすと
症状が軽くなることが
多いです。

 

牛乳や小麦が
日本人の体質に合わない
ということは、
牛乳アレルギー
小麦アレルギーの人が
多いことでも立証済みですが

アレルギーのない人に
とってもとり過ぎは禁物。

 

1130209_s.jpg

 

毎朝がパンになっている、
うどんやパスタが多い、
など、

 

とり過ぎないで、
楽しむ程度にしておく
ことがいいように思います。

 

これが梅雨を元気に
過ごすために知っておきたい
食べ方です!

 

気を付けてみてくださいね。

-重ね煮コラム
-

© 2022 重ね煮アカデミー®静岡掛川教室 おひさま Powered by AFFINGER5