重ね煮コラム

春の旬野菜、たけのこを味わおう!

 

23799181_s.jpg

 

空を泳ぐ元気な鯉のぼり
を見ると季節行事が
あるのはいいな思いますね。

 

子どもの日は
どんなごはんに
しようか考えていますか?

 

もしまだなら、
タケノコはいかがでしょう。

 

4月からちょうどGWにかけて
が最盛期です。

 

成長が早くて生命力
あふれたタケノコは、
子どもの日に
ぴったりの食材!

 

竹にあやかって
まっすぐすくすく
伸びてほしい願いを
込めて生のタケノコに
挑戦してみませんか。

 

炊き込みごはんにしたら
野菜も一緒にとれて、
香りも歯ごたえも楽しめます。

 

DSC_0628.JPG

春だけのおいしさを
家族で味わって欲しいから、

 

今日は、簡単なアク抜き
をご紹介しますね。

 

※収穫直後から
アクが増していくので
手に入れたらすぐに茹でます。

 

《準備するもの》

・鍋
・米ぬか:ひと握り
(なければ米のとぎ汁)

 

 

①タケノコの皮を数枚
むいて先を斜めにカット

DSC_6530.JPG

 

②鍋にタケノコを入れて
かぶるくらいの水を
米ぬかを入れ強火にかける。

DSC_6531.JPG

浮いてこないように
上から皿で抑えるといい。

 

③根元に竹串を刺して
スッと通れば茹で上がり

そのまま冷めるまで放置。

 

④皮をむく、
毎日水を変えれば
冷蔵保存できます。

DSC_0711 (1).JPG

 

いかがですか?

 

私もやったことなかったけど
一度挑戦したら、
水煮とは全然違うおいしさで
春が楽しみになりました。

 

これも重ね煮で
旬の食べ方とレシピを
学べたことがきっかけです。

 

それがなかったら
今も使っていないかも
しれません。

 

食べることが楽しい

作ることが嬉しい

 

家族の食卓が笑顔になる

 

きっかけを手渡せる
人でいたいと思っています。

 

今日も楽しい一日に
なりますように。

-重ね煮コラム
-

© 2022 重ね煮アカデミー®静岡掛川教室 おひさま Powered by AFFINGER5